子どもの家庭内事故はこれ

子どもへの対策は万全です? 子どもってとても危なっかしくて、目を離すと何するか予測不能ですよね。 そんな心配するお母さんたちにぜひ取り組んでほしいリフォーム。 まずは防犯と防災への対策。 意外とやっていないご家庭が多いのではないでしょうか。 この機会にぜひご検討してみましょう。

転倒事故防止の近道

お子さんが特に幼少期の頃。 転倒する機会が多くありませんか? 子どもが転ぶたびに内心ひやひやしてもう心臓が持ちません。 なんて悩みを抱えている親御さんいると思います。 子どもの転倒事故は多いですし、打ちどころが悪いと大きなけがにも繋がります。 しっかりと対策だけはしておきましょう。

子ども部屋のリフォームとは

子どもが成長するとともに子ども部屋って必要になってきますよね。 でも子ども部屋を考えるのって意外と難しくありませんか? 悩みを少しでも解決できるように、リフォームをする際のお勧めの取り組みをご紹介します。 また、リフォームはかなり費用がかさむ場合もありますので、将来のことも一緒に考えながら検討しましょう。

子どもへの防犯や防災対策をしておこう

結婚して子どもが生まれたご家庭はこれから幸せな家庭を築いていくと思います。
この機会に将来の為にもリフォームを考えている方は少なからずいらっしゃると思います。
引っ越しするにもいろいろ事情がありますよね。

みなさんは家庭内で起こる子どもの事故はどのようなものがあるか、多いか知っていますか?
これからも多かれ少なかれ、日常茶飯事に起こりうる事故だと思います。
ぜひこの機会に知識として入れておきましょう。

新生児から半年に起こりやすい事故は誤って上からものを落としてしまう、まくらなどのやわらかい素材による窒息死、ベットやソファーなどからの転落事故、
などが挙げられます。

半年から1才に起こりやすい事故はやけどによる事故。
また、浴槽や洗濯機に落ちるなどの溺れ事故や階段からの転落事故などがあります。

1才から4才になるとベランダからの転落事故、火のいたずらによるやけど事故やドアや窓に手を挟む、などの実践的な事故が起こりやすい。

ざっとこんな感じです。
やはりどの年でも転落転倒事故とやけどによる事故がダントツに多く見受けられます。
毎日忙しいお母さんたちが不意に目を離してしまったタイミングで起きてしまうのでしょう。
大切な我が子を守るためにもしっかりと対策をするべきだと思っていただけたでしょうか?

このような事故はリフォームによって防げるものも多くあります。
なので、せっかくリフォームを考えていらっしゃるご家庭にはぜひこういう観点からも検討して頂きたいと思います。
その手助けができるように、このサイトでいくつかご紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。